カードローン審査が緩い基準【条件が緩いので狙い目】

低金利で長期返済

住宅模型とお金

申込時の注意点

不動産担保ローンは、無担保の商品と比べると限度額も大きく低金利であることが特徴です。返済についても月々の返済は利息だけでよい商品もあるので、毎月の返済金額を抑えて長期利用をすることができます。ただし、不動産担保ローンを利用するにはいくつか注意しなければならない点があります。個人向けのキャッシングやカードローンであれば、費用がかからず申込みができ、かかるといっても印紙代200円程度なのですが、不動産担保ローンに関しては、事務手数料や物件の調査費用、登記費用、印紙代、火災保険料などの費用がかかります。物件調査費用は、不動産鑑定の費用として1件10数万円程度かかることもありますので、費用を抑えたいのであれば見積もりや仮審査が無料の金融機関で申込みをすることです。また、不動産を担保とする商品ですので万が一返済不能となってしまった場合に担保として設定していた物件が処分されてしまいます。不動産担保ローンが低金利であるのは、万が一返済ができなくなり借金を回収することができなくなっても不動産を売却することで借金の回収を図ることができるために低い金利設定であるのです。不動産を売却する場合には、本人自らが行う任意売却と金融機関が行う強制売却があります。どちらにしても不動産を失うことには変わりありませんので、大口で低金利で借りることができる不動産担保ローンは魅力ですが、きちんと返済計画をもって利用することです。

Copyright© 2018 カードローン審査が緩い基準【条件が緩いので狙い目】 All Rights Reserved.