カードローン審査が緩い基準【条件が緩いので狙い目】

過去に債務整理をした方

男の人

狙い目は中小消費者金融

ブラックリストに載ってしまうと基本的にどこの金融機関でも審査に通らなくなります。銀行に限らず、大手消費者金融、クレジットカード会社はほぼ無理です。そもそもブラックリストに載るとは、実際にそういったリストはないのですが、個人信用情報機関に金融事故が登録されてしまうことをいいます。例えば、返済を長期間滞納した、借金返済が困難なため任意整理や個人再生、自己破産をしてしまった場合には、その事実が登録されます。金融機関ではカードローンの審査の際に必ず個人信用情報機関を利用します。申込者の情報を照会する際に過去の事故歴が分かります。事故があることは、返済能力がないために登録されてしまっているということにもなりますので、返済能力がない人にまず融資することは考えずらいのです。そのため、ブラックになってしまうと二度とカードローンを利用できない、申込みをしても通過しないと思われている人もいらっしゃいますが、事故発生日から一定期間経過すれば情報は自動的に消去されます。期間経過すれば、まっしろとなりますので再度融資を受けられる可能性はあります。ただ、今はブラック状態だけど審査の緩いカードローン会社はあるのか、審査が甘い、緩いといった宣伝は主に闇金である可能性が高いので絶対に避けるべきです。しかし、実際には審査の緩いという表現ではなくブラックでも柔軟に審査に対応してくれる業者はあります。中小消費者金融です。大手だと非対面でカードローン契約できてしまいますが、中小消費者金融は本契約は来店の場合が多いです。審査が緩いのではなく、直接対面することで事情を伺い、ブラックでも和解金額の返済は終わっているなどの事情を考慮して融資を検討してくれることはあります。

Copyright© 2018 カードローン審査が緩い基準【条件が緩いので狙い目】 All Rights Reserved.