カードローン審査が緩い基準【条件が緩いので狙い目】

日銀の起こした歴史的事件

女の人

低借入コストは今だけ

日銀のマイナス金利政策により、現在の借入コストは歴史的な低さで推移していると言っても過言ではない。今こそ固定金利の住宅ローンで念願のマイホームが購入できるチャンスである。フラット35という住宅ローンをご存じないだろうか。フラット35は銀行と住宅金融支援機構がつくったローンである。金利は35年間固定となる。つまり今後金利が上昇しても、変動金利と違い借入時のまま固定で推移する。他にも審査は銀行と住宅金融支援機構が共に行うため、個人事業主や契約社員でもかりやすく、保証料も無料であり、繰上げ返済の手数料もかからない。ただし、物件の9割までが原則の最大借入金額となる。歴史的な低さで推移している金利をみるに、実にフラット35は現在の状況にあった住宅ローンである。通常の銀行ローンでは変動型のみの取扱いが多い。何故かというと、先々まで金利の動向が読めないのに、固定型を取り扱うことはリスクが多いからである。逆に借りる読者からの視点でみると、この0.6%で推移している現在の金利は非常に有利であり、今後このような状況が2度とくるかもわからない。フラット35は35年間固定金利ではあるが、他にもフラット20やフラット35Sやフラット50など、用途・期間に応じた商品が用意されている。読者諸兄には、是非ともこの歴史的期間を存分に活用していただき、夢のマイホームを手に入れていただきたい。2019年10月には消費税の増税も迫っているので、行動するなら今である。

Copyright© 2018 カードローン審査が緩い基準【条件が緩いので狙い目】 All Rights Reserved.